中高一貫校のメリット

中高一貫校のメリットは中学、高校と分けて勉強をしないところです。例えば、数学の問題でとても興味があるけれど、中学生では習わない範囲であったら、教師は積極的に教えず、「高校へ行ったら習うよ」と言う可能性があります。これは中学教師としては、高校受験に必要のない知識を一気に詰め込むのは、中学生に悪との考えからの配慮となります。

一方で、中高一貫は高校受験という概念がありませんので、気になったら高校で習う範囲でも教えてもらうことができます。そして、早稲田大学等の受験対策へ目標を定めた勉強へ打ち込むことができます。また6年間同じ部活動ができますので、中学、高校で新しく結成される部活動よりは強豪として活躍することができます。

中間一貫校に興味がある方を満足させる情報

中高一貫校とは、中学から高校までエスカレーター式で上がることのできる学校です。エスカレーター式と聞きますと、高校受験が無いので、学力面では高校受験を体験しておいた方が良いのでは、と考える人もいます。しかし、中高一貫校は入学するときに試験がありますので、高校受験よりも早い段階で受験勉強をすることになります。人気校は非常に倍率が高く入学が難しいという点がありますが、それ程の価値がある学校が中間一貫校といえます。本サイトでは、中間一貫校に興味がある方を満足させる情報がたくさん載っています。