6年間の友人

中高一貫校のメリットはどのようなところにあるのか、考えていきましょう。まずは6年間クラスメイトが変わらないということです。多感な時期に出会ったクラスメイトですが、中学卒業と共に解散してしまい、同窓会のみで顔を合わせる機会がない、といことも多々あります。しかし、中高一貫校は6年間一緒ですから、大学へ入学するまで一緒に苦楽を共にすることができます。その経験は、一生の財産になるといって過言ではありません。

せっかく仲良くなったのに、高校へ進学して会う機会がなくなるというのは、とてももったいないことです。そのような団結力のあるメンバーが多い中間一貫校、もちろん先輩後輩の関係も密になります。5年間も顔を合わせるのですから。その結果、人脈をつくることができます。人脈は1日や2日で築けるものではありませんので、将来的にとても役に立つものといえます。

さらに高校デビューのように、高校生になった途端にイメージチェンジをして悪ぶってしまうこともありません。高校生になっても周りのクラスメイトは同じなのですから。6年間ゆっくりとした教育で、大学受験にも備えることのできる中高一貫は、人生の財産を多く手に入れることのできる、貴重な学校といえます。