教育の範囲

中高一貫校は学力面でもとてもメリットのあるものです。中学校までは学力上位をキープしていたけれど、高校生に進学したら、高校受験というプレッシャーから解放されてはめをはずしすぎて、また高校生になったら新しい自分になるという意思から悪ぶってしまい、成績が落ちてしまうこともあります。

成績が落ちてしまったら、勉強が嫌いになり、そのままずるずるとモチベーションが上がらないまま、いつの間にか大学受験。そして大学受験に失敗ということ可能性もなくはないです。しかし、中高一貫校は中学から高校まではエスカレーターで上がれますので、本当に頑張るべき試験が大学試験となり集中力高く受験を受けることができます。教員も大学受験を目標としていますので、中学生の頃から大学受験を意識して過ごすことができるようになります。

また、総合的に学習ができます。学校の方針によって中学と高校では、学ぶポイントが変わってくるということもありません。さらに教員が気を使い、中学生だから、高校生だからという理由で学ぶ範囲を固定して教わるということがありません。気になったら、中学生でも高校生レベルの教育を受けることも可能です。中学校の教員は高校受験に必要な知識しか教えないとういうこともありません。