部活に興味あるなら

中高一貫校なら部活動に6年間打ち込むことができます。部活動が嫌いな人にとっては苦痛かもしれませんが、熱心に部活動に打ち込むタイプの子供ならば、6年間同じ部活へ打ち込めます。
中学で部活動のメンバーと別れて、高校で新しい部活を始めるタイプの子供とは異なり、高いレベルの部活動をエンジョイすることができます。

公立の中高一貫校の入学は非常に困難を極めます。小学生のころから大学受験まで考えて振る舞えることが望まれます。
倍率が非常に高い狭き門といえますので、表現が悪くなりますが、不良のような子供は入学することができません。仮に入学をしても中高一貫校のカリキュラムへ馴染むことができないので去る可能性があります。

つまり、部活動でいわゆる非行に走るような子供は少ないといえますので、不良の先輩に憧れて不良になる子供の数も他校に比べれば少なくなるといえます。部活動でしっかりと上下関係も学ぶことができます。しかも6年間も同じ部活に打ち込めるのは将来的に大きなメリットといえます。
興味を持ったことを一貫して続けることが難しい時代なので、中高一貫校で興味のある部活動を6年間打ち込んだ結果、子供は大きく成長することでしょう。