中高一貫校の敵勢

中高一貫校のデメリットは非常に入学するのが難しいという点です。それを小学生の内から対策を練ります。
高校受験まで将来のことを考えていない他の子供と比べれば非常にシビアな小学生時代を過ごすことになりますが、大人のような思考や振舞いが出来る点や、中高一貫校で学んで行ける適正というのも重要になってきます。

将来的にしっかりとした大学へ入学してもらいたいのであれば、小学生のころから対策を練った方が良いということですね。中高一貫校は大学入学のための勉強をしますので、高校から大学受験のことを考え始める他の子供と比較すると、中高一貫校はかなり有利な状況で大学受験を進めることができます。
小学生のころから理論的に物事を考えることのできる子供は、非常に貴重な能力といえますので、中高一貫校ならその能力を伸ばすことができます。

公立の中高一貫校の入学試験は単純な学力よりも、理論的に物事を考えることができたり、客観的な思考が出来たりすることの方が必要です。学力を問うような試験よりも、理論的思考や客観的な思考を育てる方が難しいので、そのような能力が子供にあるのであれば、普通の学校へ進学させるより公立の中高一貫校の受験を考えてみるのもいいかもしれません。