中高一貫校の種類

中高一貫校には3種類のタイプがあります。つまり「中等教育学校」「併設型」「連携校」になります。この中で入学した時のクラスメイトから変わりなく6年間過ごすのは、中等教育学校になります。
ここは完全な6年生で中学校にあたるのが前期課程になり、高校にあたるのが後期課程になります。入学するためには選抜試験に合格する必要があります。

中等教育学校のメリットは、個性的でゆとりのあるカリキュラムが組んでありますので、ゆっくりと興味がある分野の成績を伸ばしていくことができる点です。部活動に関しても6年間メンバーが変わりませんので、好きな部活動に打ち込むことができます。
本格的な中高一貫校とはこの中等教育学校のことを指すものになります。

もちろんメリットだけではなく、デメリットも存在します。6年間新規のメンバーが入ってきませんので同じ顔ぶれなり、中だるみをする可能性があるという点です。ただ、同じメンバーで6年間過ごすことができるのは、他校にはない中高一貫校ならではの問題になります。
気心のしれた仲間を作ることができますし、ここでできた人脈というのは、将来にわたり子供のためになる人脈となることは間違いないといえます。