私立と公立で異なる点

私立の中高一貫校と公立の中間一貫校で異なる点の1つに授業内容が上げられます。どちらの授業内容がいいのか、考えてから入学をさせても問題はありません。まずは私立の授業内容のですが、これは伝統的な中高一貫校の場合は、すでに授業内容が確立しています。つまり、6年を通して多くの難関大学へ入学できる勉強をします。

特に一般の中学2年生から3年生の初期ですでに公立高校の学習内容をすべて終了させるくらい密度の濃い授業内容となっています。難関大学の入試を考えているのであれば、私立の中高一貫校への入学にメリットがあります。
では、公立の中高一貫校の場合ですが公立高校の制度上、私立の中高一貫校でおこなえるような繰り上げ教育をすることができません。その為、ゆとり的な教育をすることが多かったのですが、この既存の制度が変わりましたので、高校の学習内容を学ぶことができるようになりました。そして、大学進学の実績を残すため、難関大学へ入学できるような積極的な学習をおこなっています。

さらに、私立の中高一貫校ではなかなか実践することのできない、地域との関わり重視しているのも特徴の一つとして上げることができます。つまり、地域からの援助・協力を得ることが公立の中高一貫校ではできます。地元の福祉施設でのボランティア、研究機関から講師を招き授業を受けることができるカリキュラムなどが充実しています。