一貫校に向いている子

どのような人に中高一貫校は向いているのでしょうか。もっとも向いているのは、自分で中高一貫校へ行きたいと判断をした子供です。自分で進学したいと考えていなければ、子供としてはストレスになりますし、中学生が終わった後、外部の高校への進学する指導などは全くしていませんので、入学前に、きちんと子供に決めさせる必要があります。

また小学校から運動部系に入部している子供がいる場合は、中高一貫校へ入学した方がメリットはあります。高校受験がありませんので、のびのびと部活動に打ち込むことができます。さらにこれは公立の中高一貫校のみですが、家計に余裕がない場合でも中高一貫校に入学した方がメリットはあります。

高校受験をしませんので、中学校を卒業した後に私立の高校へ進学する不安はなくなります。試験に失敗しないという確証はないのですから、中高一貫校へ入学させてしまえば、費用面での心配から解放されます。そして、確実に難関大学へ入学させることを考えているのなら、中高一貫校の方が受験対策をしっかりおこなってくれます。
高校試験が無いので、学校側も大学受験のみを目指しての勉強がメインになりますので、中学高校が別々よりも大学受験の準備期間が長くなります。