デメリットは?

中高一貫校のデメリットはどのようなところでしょうか。まずは、人間関係です。人間関係がまったく変わりませんので、ウマのあう友人たちができればいいのですが、ウマのあわない人がいるとリセットをすることができません。
また、入学時に学力選抜があります。そして、そこで入学して優秀な人達で刺激しあえればいいのですが、自分と同じレベルの人としか付き合うことができないこともあります。

学校の指導も中高一貫校なら一貫した指導をしてくれますが、その指導が自身にあっていなければ苦痛になります。また、公立校の場合は教師の移動がありますので、慣れた教師と離れてしまう可能性もあります。また、中高一貫校では高校受験の対策がありませんので、中学を卒業したときに別の学校への進学を考えるのであれば、対策等がまったくありませんし、周りの雰囲気により別の学校へ進学したいという話をすることができにくい点もあります。

部活動に打ち込むこともできるのが、中高一貫校のメリットです。ただ中学3年生になったとしても先輩がいますので、リーダーシップを発揮することが難しく、人間関係に問題があっても、6年間耐えるか退部かという選択肢になる可能性があります。どちらにせよ、入学をする前に向き不向きを考える必要があります。