中高一貫校を選ぶ際の注意

中高一貫校を選ぶときに注意点として、人間関係を完全にリセットすることになるという点が上げられます。つまり、小学校から中学校へ進学をする際に、普通なら小学生のメンバーと中学生のメンバーは同じですが、中高一貫校へ進学する場合、人間関係がリセットされる点です。

小学生のメンバーになじめない、あわなくて、子供自身で考えたうえで決めるのであれば、中高一貫校へ進学して人間関係をリセットさせる手もあります。しっかりと将来に対する目標があり、自分で考えることのできる子供ならば、きちんと自分で判断を下して中高一貫校へ入学を考えます。ただ、まだ自分の将来が決まっていない場合は、無理をして中高一貫校へ入学させることもないかもしれません。

公立の中高一貫校は現在、日本全国で増えていますし、増やそうという政策があります。しかし、公立の中高一貫校の大学進学実績は未知数であり、自身の将来像が上手くつかめていない場合、普通の中学へ進学させて高校受験の際に決めさせるということもありです。
何を置いても、6年間の時間を苦痛から無気力に過ごす可能性もありますので、親の意見ではなく、子供がきちんと考えて入学をしたいと考えるのならバックアップをしていくようにしましょう。