中高一貫校まとめ

自身の将来の目標が決まっているのであれば、大学受験までの期間が6年間もありますので、中高一貫校への進学はメリットといえます。その為の努力をするためのプランを子供が考えているのであれば、それをバックアップするように動いてもいいのではないのでしょうか。中高一貫校は私立と公立があります。以前は私立の方が学習カリキュラムは揃っていましたが、現在は制度が変わり、公立も難関大学への進学用のカリキュラムが揃えられています。

ただし、実績から考えれば私立の方が優勢といえます。効率は未知数です。ただどこで勉強をしても本人のやる気次第なので、私立へ入学できたからといっても安心とはいいきれません。
逆に馴染むことができずに落ちこぼれていく可能性も否定することはできません。学校の方針などを事前に調べておき、その学校の方針があうのであれば、挑戦するのもいいのではないのでしょうか。

入学テストに関しては私立は完全な学力主義ですが、公立は学力よりも本人のやる気をはじめとして、評価基準が明確ではありませんので、難易度的には公立の方が高くなります。
入学を考える前に、その学校の特色などを調べる必要があり、それを怠ると6年を棒に振る可能性もあります。